自宅での入浴介助

体調管理は万全に!柔軟性をもって入浴介助に望みましょう。


自宅で家族の入浴介助を行う事は、気を使うこともおおいものです。入浴介助では事故が起こることも多いですから、注意しましょう。とくにシャワーの温度は、介助する方と介助される方でも感じ方が違いますから、介助する方は、温度を手で確かめて介助される方に確認しながら行いましょう。

介護サービスを利用する場合は、慣れた方が入浴介助しますので、安心感がありますが、ご自身でご家族の介助をする場合には、浴室に手すりや、床に滑り止めのマットを敷くなどの工夫で介助される側、する側の転倒を防ぐことができます。
特に、シャワーチェアなどは、役に立つ介護グッズではないでしょうか。