初めての入浴介助

不安の中での入浴介助


入浴介助の流れは、入浴前に体調の確認を行います。体温などを測りましょう。また血圧などがはかれるようでしたら、確認することで毎日の変化を読み取ることができます。 その後、脱衣に移ります。脱衣の段階で注意する点としては、脱衣所の室温や床の冷たさに気をつけてあげましょう。 冬になると急な温度変化により入浴介助によって逆に体調を壊してしまう場合があります。
脱衣ができましたら、入浴へ移ります。その際にお風呂場に手すりなどがあると、万が一の転倒事故の際に、役に立つかと思います。また浴室への移動の際にも介助しやすくなるでしょう。

浴室にはいりましたら、まずは、湯加減を確認しシャワーなどの温度を調整し、お湯になれてもらうようにしましょう。 そして湯船に入浴してもらいましょう。 入浴が終わりましたら、水分が残らないようにして、再度体調に変化が無いか確認しましょう。
入浴することで、汗をかいて水分が体から出ていきますので、入浴介助のあとは、水分を補給するようにしましょう。

状況を見ながら介助する


入浴介助を行いながら、体の具合を話しかけたりしてみましょう。入浴では体温の変化が大きいため、体調が悪くなったり違和感がでたりすることがありますので、無理をせずに終わることも大切です。初めてのときには、するべき事を最後まで終わらせたいという気持ちもあるかと思いますが、介護者本人の状況を見ることが大切になります。