入浴介助の方法

入浴介助のあれこれ


入浴介助は、介助する側にとってもされる側にとっても最も配慮すべき介助の一つでしょう。入浴時に体調を崩さないように、入浴前に体の状態、意識などを確認しましょう。
介助を受ける方が話せる状態であれば、コミュニケーションをとりながら、入浴準備を行いましょう。入浴することでストレス発散や、リフレッシュ効果がありますので、家族でできる場合は、できるだけ入浴介助を行ってみましょう。 しかし、本人の体調次第では無理はできませんので注意が必要です。

また、入浴介助の前に準備として排泄をしておくことも忘れないようにしましょう。
それから、冬などは部屋の室温とお風呂場の温度の差が激しいため、可能であれば浴室内を温めておくことで、温度変化に対する負担を減らすことができます。
また、食後すぐに入浴介助を行うと食べ物を吐いてしまう可能性がありますから、食後は1時間程度時間をおいてから入浴介助を行いましょう。

座って入浴が出来る場合


座って入浴介助ができる場合には出来るだけ簡単に座る、立つができる座高の高い椅子を用意することで、介助がだいぶ楽になるでしょう。座ってもらった後は、まずは足のほうからお湯を流し、お湯の温度になれてもらうようにしましょう。

若い人であれば頭からお湯をかけても問題ないですが、高齢者になれば、温度の変化に体がついていかない事がありますので、体に慣らしながら介助を行います。なれてくれば、まずは体を洗います。介助者が身内の場合は、なかなか難しい面もありますので、背中をあらい、背後から介助するような形がよいでしょう。 体を洗い終えたら、頭を洗います。こちらもいきなりお湯をかけるのではなく、シャワーなどで少しずつならしながら行いましょう。

座って入浴が出来ない場合


座って入浴が出来ない場合には、在宅介護で身内が入浴介護をすることは非常に難しいでいしょう。なぜなら、抱えた状態で湯船まで運ぶことになるからです。こうした場合には、出来るだけ介護のプロの力を借りるようにしましょう。介護のプロであれば、浴槽を家の中まで運んでくれますので心配無用です。