入浴介助のお助けサイトにようこそ!

入浴介助の準備


入浴介助は、介助する側にとってもされる側にとっても最も配慮すべき介助の一つでしょう。入浴時に体調を崩さないように、入浴前に体の状態、意識などを確認しましょう。介助を受ける方が話せる状態であれば、コミュニケーションをとりながら、入浴準備を行いましょう。
入浴することでストレス発散や、リフレッシュ効果がありますので、家族でできる場合は、できるだけ入浴介助を行ってみましょう。 しかし、本人の体調次第では無理はできませんので注意が必要です。

また、入浴介助の前に準備として排泄をしておくことも忘れないようにしましょう。 それから、冬などは部屋の室温とお風呂場の温度の差が激しいため、可能であれば浴室内を温めておくことで、温度変化に対する負担を減らすことができます。
また、食後すぐに入浴介助を行うと食べ物を吐いてしまう可能性がありますから、食後は1時間程度時間をおいてから入浴介助を行いましょう。

在宅での入浴介助


在宅介助で入浴介助を行う場合、初めてのことが多いため、精神的な疲労が介護する側にも介護される側にも現われます。そういった場合には、あまり無理をせず入浴介助は介護のプロに任せるといった、割り切りも大切になります。お互いに精神的な負担をかけたままで、介護を行うことで非常に悪循環を生み出してしまいます。

介護のプロの入浴介護、介助であれば家まで浴槽を運び入れてくれますのでお湯の心配なども不要です。なかなかプライベートな行為である入浴という場面で、家族がサポートできることは少なく、逆に介護のプロである第三者のほうが、距離感を保ちながら介護サービスとして作業が行えるため、介護される側も精神的に楽な面があるようです。

入浴介助に便利なグッズ


入浴介助を行う際に便利なグッズを紹介致します。浴室に入り座ることができる場合には、通常使っている椅子よりも、介護用の椅子を使うと大変便利です。例えば○○まどは座面の高さが高いため、座る、立つの動作が断然楽になります。また座面の表面には凹凸の加工がありますので、椅子から滑ってしまうということも防ぐことができます。

簡単に使えるのが、介護用エプロンでしょう。介護する側も忙しい中で入浴介助を行うのでパッと着られて作業ができるので、在宅介護の方には必須のアイテムでしょう。

シャワーベンチ 介護用品 入浴用イス シャワーチェアーお風呂グッズお風呂イスお風呂椅子お風呂チェアー介護イス介護チェアー入浴用チェアー浴槽1年保証付き★シャワーベンチ シレーヌ【RCP】

ヨック 介護用エプロン 5枚入[ヨック 入浴介助用エプロン]

価格:1,029円
(2013/10/23 10:28時点)
感想(0件)

入浴介助での気遣い


入浴介助を介護サービスで利用する場合には、ワゴンの中に浴槽などを積んだ車で3人ほどの人数で介護サービスを行ってくれる場合が多いようです。
浴槽は家の中で入浴介護をする方の側まで持ち込みますので、とても安心できますが利用者が女性の場合、プライバシー面をとても気にしますので、介護を行うメンバーに男性が含まれるときには事前に打ち合わせを行うことが大切になります。
介護サービスを利用した入浴介助は、作業レベルでの気遣いと精神面での気遣いを必要としますので初めて利用する時には不安感をとれるように、不安な事を話し合いながら進めるようにすると、スムーズに利用することができるでしょう。